単身赴任先で使う家具・家電

最近は一人暮らし用のアパートやマンションで「家具・家電付き」のところが増えてきていますね。サラリーマンの単身赴任などは特に期間限定の住まいですので、家具や家電などを自分で買い揃えると後で部屋を引き払う時に処理に困ってしまい邪魔になります。そうなると次に使ってくれる人に譲るかリサイクルショップで売るかになると思いますが、売却した場合の金額は二束三文のことが多いです。
単身赴任先と残してきた家との二重生活費もかさむのが分かっていますから、なるべく無駄な出費はしたくない!という人には家具・家電のレンタルが安くあがりますしおすすめです。そうすれば引越しの時も荷物が極力少なくて済むので引越し代も浮きますよ。
では、いざ家具や家電をレンタルする場合はどうしたら良いのでしょうか?
単身赴任先の住まいは会社で用意されることも多いので、なかなか家具・家電付きの部屋はないかもしれません。自分でレンタルするならレンタル専門店を探すか、引越し会社によっては引越しとレンタルのセットパックをおこなっているところもありますのでチェックしてみて下さい。
レンタル品は汚さないように気を使ったり自分好みのものではないかもしれませんが、普段使わないメーカーの製品を使った感触など新たな発見もあり、将来自宅で買い換える時の参考になったりするので試してみて下さいね。



単身赴任生活に便利なグッズ

一家の大黒柱である夫がもし単身赴任をしなければならなくなった時、残された家と子供達を守らなければならないのが妻の役目ですね。
知らない土地で一人で頑張る夫のために、無理なく少しでも快適に毎日を暮らして欲しいと思うのは妻として当然です。
そこで単身赴任生活にあると便利なグッズはどんなものがあるか調べてみました。これを持たせてあげればきっと喜んで仕事も一生懸命やってくれると思いますよ。
例えば仕事関係のもので言うと、毎日の洗濯やアイロンがけはしっかりやれと言う方が無理な話だと思うので、ワイシャツやスーツのジャケット・スラックスなどは形状記憶や撥水加工などの機能がついていて、いつでも気持ちよく着られるものを用意すると良いと思います。
また、衣類のクローゼットにはいちいちたたんでしまわなくて済むようにハンガーをたくさん用意します。
布団などリネン類はこまめに洗濯したり干したり出来ないので、抗菌・防臭加工のものや天然素材製ではなくあえて合成繊維製のものを選ぶのも手かもしれませんね。
食事面ではとにかくカンタンに出来ることが続けられるコツなので、すぐにお湯が沸く電気ポットや小さくて深めのホットプレートなど手軽に料理が出来るものがあると良いのではないでしょうか。
単身赴任というのは仕事も人間関係も生活も初めてのことだらけなので、無事に乗り切ることが出来るように家族のサポートが非常に大切になってくると思います。


単身赴任でご当地マニアに

家族を養うために頑張って働いているサラリーマンというものは、時に会社の命を受けて単身赴任という一人旅を経験しなければならないことがあります。
日本国内でも海外でもそうですが、知らない土地に行くということは不安と同時に期待もたくさんあるものですよね。もともと人間は知りたいという欲求が強い生き物なのですから、自分の見聞を広げるためにも単身赴任は絶好のチャンスだと思うようにしたいものです。
日本全国に営業所や工場などがある会社では、転勤や出張の可能性も高くなると思いますが、もし単身赴任をすることになった場合、家族との時間を犠牲にして会社に忠誠を尽くす分、赴任先の土地ごとにある気候の特徴や名産品を勉強したり地元の人とのネットワークを構築することに力を注いでみてはいかがでしょうか。
例えば、ご当地グルメを自分自身で食べ歩いて楽しむのはもちろんのこと、家族に食べさせてあげて喜んでもらったり、地元で得たマニアック情報をブログで発信して町おこしに貢献したり、赴任期間が終わってからもずっと続くようなあたたかい友人関係を作ったりすることは、単身赴任をもししなかったら成し遂げられなかったであろう、その後の人生がより有意義な時間を送れること間違いありません。
経験と知識はお金には代えられないとても大切な自分自身の財産だと思いますから。